ランキング

アクセスランキング 最新TOP10

ひき逃げか、近畿大教授死亡=横断歩道に血痕―京都府警

2018-10-10 13:05

10日午前4時10分ごろ、京都府精華町乾谷の国道で、「道路に人が倒れている」と110番があった。府警木津署などによると、倒れていたのは近くに住む近畿大総合社会学部教授の須佐見憲史さん(59)で、病院に搬送されたが約1時間20分後に死亡が確認された。同署はひき逃げされたとみて調べている。
同署によると、須佐見さんは横断歩道から約10メートル離れた場所で倒れていた。横断歩道から発見場所まで血痕があり、同署は須佐見さんが横断歩道上で車両にはねられた後、引きずられた可能性があるとみて、周辺の防犯カメラなどを調べている。
須佐見さんの妻が10日午前6時半ごろ、「夫が帰って来ない」と警察に通報していた。
[時事通信社]
最新TOP10にもどる

その他 社会

社会一覧へ