ニュース

一覧へ

TOPICS

米与野党、国境の壁予算で原則合意=トランプ氏承認なら政府閉鎖回避

2019-02-12 15:19

11日、米テキサス州エルパソで演説するトランプ大統領(AFP時事)

【ワシントン時事】米議会与野党は11日、トランプ大統領が不法移民対策として主張するメキシコ国境の壁建設予算をめぐる交渉で、原則合意に達した。15日が期限の暫定予算失効による政府機関の一部閉鎖回避に向け、議会レベルで道筋がついた形だが、トランプ氏が予算案に署名するかどうかは不透明だ。
交渉に臨んだ共和党のシェルビー上院議員は、米メディアに「合意の詳細はこれから詰める」と語った。米紙ワシントン・ポスト(電子版)などは、国境沿い約90キロ分の「フェンス」建設費として13億7500万ドル(約1500億円)を予算計上することで、与野党が折り合ったと報じている。
トランプ氏は、320キロ以上の壁ないし鉄柵の建設費として57億ドル(約6300億円)を要求しており、報じられた合意はこれを大幅に下回る。同氏は11日夜、テキサス州エルパソでの集会で「壁は(犯罪者の流入を防ぎ)多くの命を守る」と持論を展開。合意に関し「前進があったようだ」と語ったが、受け入れるかどうかは明言しなかった。

その他

TOPICS一覧へ

写真特集

得点王列伝

福原愛

上野パンダ

大谷翔平


写真特集一覧へ