ニュース

一覧へ

TOPICS

阪神の金本監督が辞任表明=17年ぶり最下位で引責−プロ野球

2018-10-11 15:37

DeNA戦の8回、満塁の好機で勝ち越せず、厳しい表情を見せる阪神の金本知憲監督=6日、甲子園

プロ野球阪神の金本知憲監督(50)が11日、今季限りでの辞任を表明した。兵庫県西宮市内の球団事務所で報道陣の取材に応じ、決断の理由について「やり残したことは多々あるが、結果の世界だから。最下位というね、やっぱりそこ」と述べた。
就任3年目の今季、チームは2001年以来17年ぶりのシーズン最下位が確定している。本人が10日の試合後に辞任を申し入れた。球団は慰留したが、本人の決意は固く、了承された。
今季は新外国人のロサリオが不振に陥るなど打線が開幕から低調でけが人も続出し、深刻な得点力不足に陥った。若手の育成や底上げも進まず、投打ともにベテランに頼るチーム構成となった。
金本監督は16年から指揮を執り、同年はレギュラーシーズン4位。昨年は2位でAクラス入りした。昨オフ、新たに3年契約を結び、今季はその1年目だった。今年はあと1試合を残し、61勝79敗2分け。

その他

TOPICS一覧へ

写真特集

大谷翔平

アリーナ・ザギトワ

始球式

眞子さま


写真特集一覧へ