ニュース

一覧へ

TOPICS

ロンボク地震、死者319人に=孤立21集落の捜索進む−インドネシア

2018-08-09 21:06

9日、地震で大きな被害の出たインドネシア・ロンボク島北部で、救助活動を続ける警察官たち(国家警察提供)

【ジャカルタ時事】インドネシアの観光地ロンボク島で起きたマグニチュード(M)6.9の地震で、ウィラント政治・法務・治安調整相は9日、死者数が319人に上ったと明らかにした。国家防災庁のストポ・プルオ・ヌグロホ報道官は時事通信の取材に「孤立状態が続いていた集落に捜索隊が入ったことで、死者の確認数が増えた」と説明した。
ストポ報道官によると、8日夜の時点で21の集落が依然として孤立し、大きな被害が懸念されていた。重機を使えるようになったことで捜索が進み、遺体の発見が急増。家族によっていち早く埋葬された犠牲者の確認も進んだという。
8日の時点で重傷者は1400人以上おり、7300を超す建物が損壊。15万8000人が避難生活を送っている。
同島では9日午後0時25分(日本時間同1時25分)、M6.2の地震が起きた。気象気候地球物理学庁によると、震源地は、大きな被害の出た同島北部で深さ12キロ。これを含め、M6.9を観測した5日の本震以降、余震は362回に達した。

その他

TOPICS一覧へ

写真特集

佳子さま

始球式

眞子さま

上野パンダ


写真特集一覧へ