写真ニュース

一覧へ

写真 > World eye

ドリアン積載の旅客機、乗客らが異臭で苦情訴え搭乗拒否 インドネシア

2018-11-08 12:13


【ジャカルタAFP=時事】インドネシアで5日、旅客機に貨物として積み込まれたドリアンが強烈な臭いを放ち、乗客が搭乗を拒否してフライトが1時間遅れる騒ぎがあった。≪写真はドリアン≫
東南アジアで高い人気を誇るドリアンに対する評価は賛否が分かれ、ある人々は「果物の王様」とみなし、クリーミーな食感や強烈な臭いゆえにブルーチーズに例える一方、批判者はその臭いが下水や腐りかけた嘔吐(おうと)物、湿った靴下に似ていると主張する。
今回の騒ぎでは、スマトラ島のブンクル州から首都ジャカルタに向かうスリウィジャヤ航空の便を予約した乗客たちが、ドリアンの臭いがすると職員に苦情を訴え、搭乗を拒否。過積載の懸念もあったという。
スリウィジャヤ航空は2トン超のドリアンを積載していたことを認めたが、フライトに支障は出ないと主張。また、旅客機が一度離陸すればドリアンの臭いは消えると説明し、臭いはいつにない暑さのせいだと強調した。
同航空のアブドル・ラヒム氏は6日夜、全国放送のコンパスTVに対し「ドリアンは航空輸送において危険物に分類されていない」と述べ、「タコノキの葉や粉末コーヒーを使ってドリアンの臭いを吸収するなど、必要な予防措置は取った」と説明した。
搭乗した乗客たちが降機することを決めると、スタッフはドリアンを機内から降ろすことに踏み切った。この便は1時間後に離陸し、ジャカルタに無事到着したという。【翻訳編集AFPBBNews】

その他 world eye写真

world eye一覧へ