写真ニュース

一覧へ

写真 > World eye

アフリカで壊滅的食害もたらした害虫、アジアで初確認 食料安保に警鐘

2018-08-10 12:38


【ニューデリーAFP=時事】アフリカ各地で作物に壊滅的被害を与えた米大陸原産の害虫が、アジアに侵入していることが判明した。インドの科学者らが9日、発表し、食料の安全保障が脅かされるとして警鐘を鳴らしている。≪写真は資料写真≫
インド農業研究会議の科学者らは、同国南部カルナタカ州のチッカラバラプラ地域で調査を行い、70%以上のトウモロコシでツマジロクサヨトウ(学名:Spodoptera frugiperda)を確認したと発表。アジアでこの害虫が発見されたのは初めて。
また、非営利団体の国際農業生物化学センター(CABI)によれば、トウモロコシの他、コメや綿花、サトウキビなどの180超の植物種も食害を受ける恐れがあるという。
ツマジロクサヨトウによる食害は、2016年にアフリカで初めて検知されて以降、40を超えるアフリカ諸国に広がり、トウモロコシに大規模な被害をもたらした。トウモロコシは、アフリカおよびアジアの広い地域で食料の安全保障に欠かせない作物となっている。
ツマジロクサヨトウのインドへの到達は、検疫システムをかいくぐり、人の手によって運ばれたとみられている。
ただ成虫は卓越風に乗って一夜で数百キロ移動できることから、自然の力によって海を渡った可能性もある。
ウェブサイトに掲載した報告書でCABIは、「アジア地域は気候条件が合っている上、トウモロコシ栽培が盛んなことから、他のアジア諸国に食害が拡散する恐れがある。迅速な行動が必要だ」と指摘した。
国連食糧農業機関(FAO)によると、ツマジロクサヨトウの駆除プログラムの予算は1200万ドル(約13億円)で、うち900万ドル(約10億円)をFAOが拠出している。【翻訳編集AFPBBNews】

その他 world eye写真

world eye一覧へ