写真ニュース

一覧へ

写真 > World eye

インドの女児、性差別が原因で年間24万人亡くなる 研究

2018-05-16 13:12


【パリAFP=時事】インドで、男児を好む風潮の結果、ネグレクトを受けて死亡する5歳未満の女児数が、年間約24万人に達しているとする研究報告書が、15日に発表された。≪写真は資料写真≫
英医学誌ランセットに掲載された報告書をまとめた研究班によると、この数は女児であるというだけの理由で中絶された数を上回るという。
報告書の共同執筆者であるフランスのパリ第5大学のクリストフ・ギルモト氏は、「女児に対する性差別のせいで、生まれてくること自体が阻まれるだけでなく、生まれてきた子どもたちの死を早めている恐れもある」と指摘している。
ギルモト氏らの研究班は、46か国の人口統計を基に、性差別による影響のない社会での女児の死亡数を推算するとともに、実際に亡くなった数を調べた。
その差は2000〜2005年生まれの女児1000人当たり約19人という計算になり、これが性差別の影響によるものとみなされた。これは実際の数では1年で23万9000人、10年で約240万人に相当する。
研究班によると、問題が最も顕著なのはインド北部で、ウッタルプラデシュ州、ビハール州、ラジャスタン州、マディヤプラデシュ州で、性差別が原因で死亡する全女児数の3分の2を占めていた。
とりわけ、教育普及率が低く人口密度と出生率が高い、貧しい地方部の農村地帯で目立ったという。【翻訳編集AFPBBNews】

その他 world eye写真

world eye一覧へ