写真ニュース

一覧へ

写真 > World eye

韓国キム監督の暴行を告発した女優、独映画祭の「偽善」を非難

2018-02-13 11:02


【ソウルAFP=時事】ドイツのベルリン国際映画祭が、映画界の虐待問題に立ち向かう「公開討論の場」になるとうたう一方で、暴行の告発を受けているキム・ギドク監督(57)を招待したのは「偽善」だとして、キム監督を告発した女優が同映画祭の主催者らを非難している。≪写真は韓国ソウルで開かれたキム・ギドク監督を告発する記者会見≫
同女優は昨年、氏名や素顔を公表せずに会見を行い、韓国を代表する映画監督であるキム氏の2013年の作品『メビウス』の撮影時に、同監督から台本になかった性行為のシーンやヌードを強要され、身体的および性的な虐待を受けたと訴えていた。
韓国の最も著名な映画監督の一人であるキム氏は、2004年の『サマリア』でベルリン国際映画祭の「銀熊賞」の一つである最優秀監督賞を受賞した他、2012年の『嘆きのピエタ』ではベネチア国際映画祭の最優秀作品に与えられる「金獅子賞」を受賞している。
キム氏の最新作『人間、空間、時間、そして人間(原題、Human・ Space・ Time and Human)』はベルリン国際映画祭のパノラマ部門に招待されており、15日に開幕する同映画祭で世界初公開される予定。
キム氏を告発した女優はAFPの取材に応じ、「キム氏を招待するという決定を大変悲しく、極めて偽善的だと思う」と指摘。
キム氏の暴力で「ひどく打ちのめされた」ままだと語る同女優は、「金氏は撮影現場での私に対する身体的暴行を認め、有罪判決も受けている。ベルリン国際映画祭は(セクハラ告発運動の)『#MeToo(私も)』を支持していると言いながら、キム氏にもレッドカーペットを広げてみせた」と批判した。
ベルリン国際映画祭の最高責任者であるディーター・コスリック氏は先週、今年は性的不品行に光を当て、映画界における女性の処遇に「具体的な変化」をもたらす「公開討論の場」としての役割を果たすと明言していた。【翻訳編集AFPBBNews】

その他 world eye写真

world eye一覧へ