写真ニュース

一覧へ

全日本国民的美少女コンテスト2017

2017年8月8日、都内【時事通信社】
人気女優の米倉涼子や上戸彩、武井咲らが輩出した「全日本国民的美少女コンテスト」の本選大会が8日、東京都内で開かれ、京都府出身の中学2年、井本彩花さん(13)がグランプリに選ばれた。
井本さんは「とてもびっくりした。本当に私なのかという気持ちはあるけど、うれしいです」と緊張した面持ち。「夢は武井咲さんのような女優になること、精いっぱい頑張りたい。どの役を与えられてもその場でできるような女優になりたい」としっかりした口調で抱負を話した。
コンテストは1987年スタート。芸能界への登竜門の一つとされ、30周年の今回は3年ぶり15回目の開催。応募総数8万150通から書類や面接の選考を経て21人が本大会に出場。最終審査の舞台で、短時間の演技や歌唱力、ウオーキングなどを披露した。
キャプションの内容は配信当時のものです

1/9