写真ニュース

一覧へ

第50回ミス日本コンテスト

第50回ミス日本コンテストが15日、東京都新宿区の京王プラザホテルで開催された。応募者2803人の中から地方予選会などで選ばれたファイナリスト14人が出場し、着物やドレス、水着姿でパフォーマンスを披露。愛知県出身の会社員、市橋礼衣さん(23)がグランプリに輝いた。
市橋さんは、かつてダンスのクラブチーム世界大会に日本代表として出場し、制覇したことがあるダンサーの顔も持つ。受賞が決まり「まだ夢の中に居るようで、実感が湧きません」と話し、「平成の年、最後のミスグランプリとして、1年間日本のために、またミス日本の発展に寄与していきたい」と抱負を語った。
ミス日本「水の天使」にはモデルの浦底里沙さん(21)、ミス日本みどりの女神は近畿大学2年の竹川智世さん(20)、ミス日本「海の日」は東京音楽大学2年の山田麗美さん(20)、ミス日本ミス着物は東京大学1年の岡部七子さん(18)、準ミスは早稲田大学1年の霜野莉沙さん(19)がそれぞれ選ばれた。(2018年01月15日) 【時事通信社】
キャプションの内容は配信当時のものです

1/20