写真ニュース

一覧へ

史上最年少プロ棋士・藤井聡太

朝日杯将棋オープン戦予選で勝利し、プロデビュー後の連勝記録を27に伸ばした藤井聡太四段=2017年6月17日午後、大阪市福島区【時事通信社】
中学3年の最年少将棋棋士、藤井聡太四段(14)が17日、大阪市で指された第11回朝日杯将棋オープン戦予選で東京大1年の藤岡隼太アマ(19)に106手で勝ち、プロデビュー後の連勝記録を27に伸ばし、将棋界の最多連勝タイ記録まであと1勝とした。
28連勝は1987年に神谷広志八段(56)が達成して以来、30年間破られていない。
藤井四段の次の対局は21日に同市で開催される第67期王将戦1次予選で、対戦相手は2日の棋王戦予選決勝で終盤まで苦しめられた澤田真吾六段(25)。強敵を再び退けて連勝の歴代1位に並ぶか、澤田六段が無敗のスーパールーキーに初の土をつけるか、勝負の行方が注目される。
藤井四段は昨年12月のデビュー戦以来、負け知らず。今月10日に将棋界の連勝記録単独2位の25連勝に到達し、15日の名人戦順位戦も13時間にわたる熱戦を制した。
キャプションの内容は配信当時のものです

59/111