写真ニュース

一覧へ

史上最年少プロ棋士・藤井聡太

第67期王将戦1次予選で歴代最高に並ぶ28連勝を達成し、笑顔を見せる藤井聡太四段=2017年6月21日、大阪市福島区【時事通信社】
中学3年の将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪市内で行われた第67期王将戦1次予選で澤田真吾六段(25)に99手で勝ち、デビュー以来の連勝記録を28に伸ばし、神谷広志八段(56)が1987年に達成した将棋界の歴代連勝記録1位に並んだ。
単独1位の29連勝が懸かる次の対局は26日の第30期竜王戦決勝トーナメントで、相手は非公式戦で破っている増田康宏四段(19)。
藤井四段は昨年10月、20日に引退した加藤一二三・九段(77)が保持していた史上最年少記録を62年ぶりに更新する14歳2カ月で史上5人目の中学生棋士となった。同12月のデビュー戦で加藤九段を破って以来一度も負けず、8大タイトルの竜王戦、棋王戦の本戦への最年少出場も決めている。今後は連勝記録に加え、最年少でタイトル挑戦権を獲得できるかどうかにも注目が集まりそうだ。
キャプションの内容は配信当時のものです

52/111