写真ニュース

一覧へ

上野動物園のパンダ

2017年5月19日【時事通信社】
上野動物園(東京都台東区)は18日、都庁で記者会見し、ジャイアントパンダの「シンシン」(11歳)に妊娠の兆候が見られたと発表した。同園では2月、シンシンと雄の「リーリー」(11歳)との間で交尾行動が4年ぶりに確認されていた。
同園によると、シンシンは16日ごろから食欲が落ちて竹を食べる量が減ってきたほか、休息時間が増えるなど、妊娠の可能性がある場合に見られる行動の変化があったという。ただ、パンダには妊娠に似た現象「偽妊娠」が見られることもあり、同園は今後、健康状態などの確認を進める。
リーリー、シンシン2頭の間では、2012年に赤ちゃん1頭が生まれたが、6日後に死亡。13年は偽妊娠だった。
キャプションの内容は配信当時のものです

28/75