写真ニュース

一覧へ

秋篠宮眞子さま

故西岡京治氏のために建てられた仏塔「西岡チョルテン」(奥)を視察された秋篠宮眞子さま=2017年6月5日[代表撮影]【時事通信社】
ブータンを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)は5日、同国で農業の発展に多大な貢献をし、「ブータン農業の父」として有名な日本の元農業専門家、故西岡京治氏のために建てられた仏塔「西岡チョルテン」を訪問された。
西岡氏は59歳で死去してブータンで国葬されるまで、28年間にわたって現地で近代農法の普及などに尽力。ブータンでは「ダショー・ニシオカ」と呼ばれ、今も多くの人に尊敬されているという。
眞子さまはまず、西岡氏が生前に拠点としたパロの農業機械公社の敷地内にある展示室「西岡ミュージアム」を訪ね、同氏の写真や農業機械などのゆかりの品を見学。続いて西岡氏の功績を顕彰する仏塔を訪れ、石碑にろうそくを供えて一礼した。
キャプションの内容は配信当時のものです

21/98