写真ニュース

一覧へ

秋篠宮眞子さま

自宅出発前に報道陣にあいさつする小室圭さん=2017年9月3日午前[代表撮影]【時事通信社】
婚約が内定した秋篠宮家の長女眞子さま(25)は3日午前、皇居で天皇、皇后両陛下にあいさつし、婚約者の大学時代の同級生小室圭さん(25)を紹介された。2人はそれぞれの車で皇居に向かい、眞子さまは沿道から祝福の声や拍手が上がるとほほ笑みで応じ、小室さんはやや緊張した面持ちだった。
眞子さまを乗せた車は午前11時10分ごろ、宮邸のある赤坂御用地をたち、数分後に皇居西側の半蔵門に到着。眞子さまは淡い緑色の服装で、集まった人に窓を開けて軽く手を振り、ほほ笑んだ。
沿道では皇居ランナーも足を止め、眞子さまの車が通ると「おめでとう」の声が上がった。1時間近い滞在の後、皇居を出る際にも数十人から「おめでとうございます」などの歓声や拍手が湧き起こり、眞子さまが「ありがとうございます」と答えたようにも見えた。
一方、小室さんを乗せた車は眞子さまより少し早く皇居に到着し、北側の乾門から入った。紺のスーツに白いシャツ、ストライプのネクタイ姿で、口元を引き結び、車内から報道陣に会釈した後、乾門の手前で一礼。約1時間後に出てきた際も硬い表情は変わらなかった。
小室さんはこの日朝、宮内庁宮務課長の迎えを受けて横浜市内の自宅マンションからいったん赤坂御用地に向かう際も、やや緊張した様子だった。
キャプションの内容は配信当時のものです

12/98