写真ニュース

一覧へ

宇宙の神秘 コズミックフォト vol.2

国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に搭載された全天X線監視装置(MAXI)などで観測された、巨大ブラックホールが恒星をのみ込んだ瞬間の想像図(NASA提供)。恒星がブラックホールの強い重力で吸い込まれ(写真左)、その一部が光速に近い速度でジェットとなって噴出し、強いX線が観測される(同右)(2011年08月24日) 【時事通信社】
キャプションの内容は配信当時のものです

18/94