写真ニュース

一覧へ

史上最年少プロ棋士・藤井聡太

記録が残る公式戦で最も年齢の離れた62歳差の対局を終え、感想戦をする藤井聡太四段(右)と加藤一二三・九段。藤井四段はプロデビュー戦を白星で飾った=2016年12月24日、東京都渋谷区の将棋会館【時事通信社】
史上最年少の中学2年の将棋棋士藤井聡太四段(14)が2016年12月24日、東京都渋谷区の将棋会館で開かれた第30期竜王戦のランキング戦で現役最年長棋士の加藤一二三・九段(76)と対戦、後手の藤井四段が110手で勝ち、プロデビュー戦を白星で飾った。14歳5カ月での勝利は史上最年少記録。
日本将棋連盟によると、62歳差は記録が残る公式戦で最も年齢の離れた対局。加藤九段は1954年に14歳7カ月でプロ入り。62年にわたって最年少記録を保持していたが、藤井四段が今年10月に14歳2カ月で塗り替えた。
藤井四段は「うれしいが、反省点もいろいろあった」と振り返り、「タイトルをいずれは取りたい。まずは自分の実力を上げていくことが当面の目標」と意欲を燃やした。
加藤九段は「非常にうまく負かされた。読みが正確で、攻めが強い。大変素晴らしい才能の持ち主だ」と最年少棋士を絶賛した。
キャプションの内容は配信当時のものです

101/111