写真ニュース

一覧へ

女子フィギュア アリーナ・ザギトワ

アイスショーの記者会見で笑顔を見せるアリーナ・ザギトワ(中央、ロシア)。右はエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)、左はネーサン・チェン(米国)=2018年3月30日、大阪・東和薬品ラクタブドーム【時事通信社】
フィギュアスケートの平昌五輪女子金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(ロシア)らが30日、大阪・東和薬品ラクタブドームで31日に開幕するアイスショー「スターズ・オン・アイス」の選手記者会見に出席した。
ショーには平昌で銀の宇野昌磨(トヨタ自動車)やエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)ら、羽生結弦(ANA)を除く男女メダリストが勢ぞろい。15歳のザギトワは「このような大きなショーに出るのは初めて。招いていただいてとても幸せ」と話した。
ザギトワは平昌五輪の事前合宿を新潟市で行った際、目にした雑誌で秋田犬が気に入ったことから、秋田犬保存会から雌犬が贈られることになっている。「勝利」を意味する名をつけることで話題になっており、「今のところマサルです」と笑顔で答えていた。
キャプションの内容は配信当時のものです

8/95