写真ニュース

一覧へ

イバンカさん

2017年3月17日、ホワイトハウス【EPA=時事】
トランプ米大統領の長女イバンカさん(35)が非公式のアドバイザーとして近くホワイトハウス入りする見通しとなった。米政治専門紙ポリティコが報じた。大統領が最も信頼を置く側近として影響力を強めそうだ。
イバンカさんの夫ジャレッド・クシュナー氏は1月、トランプ政権発足に伴って大統領上級顧問に就任。その際もイバンカさんはホワイトハウス入りせず、ニューヨークからワシントンへ移り住んだ家族の支援に専念すると説明していた。
しかし、同紙によると、イバンカさんは最近、大統領執務室のあるホワイトハウス西棟の2階にオフィスを確保。政府支給の電話を週内に受け取り、機密情報へのアクセス権も近く与えられる見込み。肩書はなく、給料も受け取らないものの、フルタイムの職員のような働き方になるという。
イバンカさんは同紙に「これまでのように父に引き続き率直なアドバイスを提供する。政府職員用の倫理規則に自主的に従う」とコメントした。
キャプションの内容は配信当時のものです

7/116