写真ニュース

一覧へ

史上最年少プロ棋士・藤井聡太

順位戦に勝って史上初めて中学生で五段に昇段し、対局を振り返る藤井聡太さん=2018年2月1日、東京都渋谷区の将棋会館【時事通信社】
将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(15)が1日、東京都内で行われた第76期名人戦・順位戦C級2組9回戦で梶浦宏孝四段(22)に勝って9連勝とし、歴代2位の若さで中学生初のC級1組への昇級と五段昇段が決まった。
C級1組昇級・五段昇段は、加藤一二三・九段(78)が1955年に達成した15歳3カ月が最年少記録で、藤井は15歳6カ月で2位。加藤九段の昇級・昇段日は当時の規定で高校生になった4月1日だったため、中学生は藤井が初となった。
順位戦はA級、B級1組、同2組、C級1組、同2組の5クラス内でそれぞれ行われるリーグ戦形式の対局。A級の1位が名人戦挑戦者となる。C級2組は各自10局対局し、上位3人が昇級する。藤井は困難とされる初参加での昇級「1期抜け」を果たした。
藤井は17日に都内で開かれる朝日杯将棋オープン戦準決勝で、国民栄誉賞の受賞が決まった羽生善治2冠(47)=竜王、棋聖=と対局予定。同戦に優勝すると15歳6カ月での一般棋戦優勝となり、加藤九段が持つ最年少記録(15歳10カ月)を塗り替え、六段昇段も決まる。
キャプションの内容は配信当時のものです

7/111