写真ニュース

一覧へ

上野動物園のパンダ

2017年12月18日【時事通信社】
上野動物園(東京都台東区)で誕生した雌のジャイアントパンダ、シャンシャンの一般公開開始を翌日に控えた18日午前、同園で「祝う会」が開かれた。出席した地元小学生らが一足早くシャンシャンと対面。愛くるしい姿に大興奮し、「かわいい!」と歓声を上げた。
シャンシャンの一般公開は、19日午前に始まる。混雑緩和と母子の体調への配慮から、来年1月末までは1日当たりの公開を2時間半とし、観覧者は抽選で選ばれた400組(最大2000人)に限定。12日に締め切った年内の観覧には約25万件の応募があった。
シャンシャンは6月12日、雄「リーリー」と雌「シンシン」の間に誕生。今月9日の計測で体重は12.3キロで、中型犬ぐらいの大きさという。同園では1988年誕生のユウユウ以来、29年ぶりの赤ちゃん公開となる。
キャプションの内容は配信当時のものです

5/75