写真ニュース

一覧へ

宇宙の神秘 コズミックフォト vol.1

高速回転する超大質量ブラックホールの想像図。太陽のような恒星が接近し、爆発的に砕け散った際に極めて明るく輝く現象が起きたと推定された[欧州宇宙機関(ESA)など提供]【時事通信社】
2015年6月に発見され、観測史上最も明るい超新星爆発とみられた現象は、太陽程度の質量の恒星が超大質量ブラックホールに接近し、爆発的に砕け散った際に輝いた可能性が高いことが分かった。イスラエルのワイツマン科学研究所などの国際チームが16年12月27日までに、英科学誌ネイチャー・アストロノミー電子版に発表した。
この現象は約38億光年先の銀河で発生し、ピーク時は銀河系全体の光より20倍も明るかった。しかし、この現象が起きた銀河は巨星が寿命を迎えて起きる超新星爆発が観測されるようなタイプではなく、中心にある超大質量ブラックホールが関係する可能性も指摘されていた。
国際チームがハッブル宇宙望遠鏡などを使って10カ月間観測を続けた結果、この超大質量ブラックホールは質量が少なくとも太陽の1億倍もあり、高速回転していることが判明。太陽程度の恒星が接近した際、猛烈な重力で砕け、破片同士が衝突して高熱が発生したため、極めて明るくなったと推定された。
キャプションの内容は配信当時のものです

5/94