写真ニュース

一覧へ

史上最年少プロ棋士・藤井聡太

朝日杯将棋オープン戦準決勝で対局する羽生善治2冠(左)と藤井聡太五段=2018年2月17日、東京都千代田区【時事通信社】
将棋の最年少棋士の藤井聡太五段(15)が17日、東京都内で行われた第11回朝日杯将棋オープン戦決勝で広瀬章人八段(31)に117手で勝ち、プロ入り後初の優勝を手にした。
15歳6カ月での優勝は、加藤一二三・九段(78)が持つ一般棋戦の最年少優勝記録(15歳10カ月)を63年ぶりに更新する新記録。また、「五段昇段後全棋士参加棋戦優勝」という規定を満たし、六段に昇段した。1日に五段になったばかりで、わずか16日でのスピード昇段となった。
藤井六段は1月の準々決勝で佐藤天彦名人(30)に勝利。17日午前からの準決勝も、永世7冠を達成した将棋界の最高峰、羽生善治2冠=竜王、棋聖=(47)を押し切り、タイトル保持者を立て続けに破る快挙を成し遂げていた。
キャプションの内容は配信当時のものです

3/111