特集


ANAHD、小型機48機購入=総額5500億円

2019-01-29 18:58

ANAホールディングス(HD)は29日、米航空機大手ボーイングと欧州航空機大手のエアバスから小型機計48機を購入すると発表した。購入費は計約5490億円で、現行機の更新に合わせ2021〜25年度に納入予定。2社の航空機はいずれも燃費効率が優れているという。座席数は150〜180席前後となる見通し。
ボーイングからは10機分を追加購入できる権利を含め、「737MAX8型機」を計30機(約3830億円)購入し、全日本空輸とANAウイングスが運航する国内地方路線に導入する。エアバスからは「A320neo型機」を18機(約1660億円)購入し、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションが国内外の路線で使用する。
[時事通信社]

その他 特集記事