特集


システム改修に万全を=経産省、改元で注意呼び掛け

2019-04-03 15:51

経済産業省は3日、新元号が「令和」に決まったことを受け、企業などに対し、情報システムの改修に万全を期すよう促す通知を出したと発表した。5日には、日本マイクロソフト(東京)と共催で、システム整備の注意点などに関する説明会を開催。改修後のテストを念入りに実施するよう求めている。
企業では、経理などのシステムで元号を使用している場合が多い。経産省は経団連といった経済団体や企業など900カ所以上に通知。同省のウェブサイトには専用ページも設置した。
経産省によると、新元号を入力した際に日付が認識されず、システムが止まるなどのトラブルが想定される。そうした場合に備え、同省は「手書きに切り替えるなどの対応を検討しておいてほしい」(幹部)と呼び掛けている。
[時事通信社]

その他 特集記事