特集


新元号、海外通信社も速報

2019-04-01 12:32

日本政府が1日、「平成」に代わる新たな元号「令和」を発表したことを受け、海外通信社も相次いで速報を出した。
AFP通信は菅義偉官房長官の発表後に速報を配信し、「『令和』とは『調和』の文字を含む」と説明した。
ロイター通信は「皇太子さまが新天皇に即位される5月1日に始まる時代の元号は『令和』と名付けられた」と報道。「日本の和歌集、『万葉集』が出典」とも速報した。
また「日本で『元号』は硬貨やカレンダーなどで広く使用されている。西暦の使用も広がっているが、多くの日本人は元号か、二つの数え方をともに使っている」と説明した。
[時事通信社]

その他 特集記事