特集


期日前投票、3日で5万人=沖縄県民投票

2019-02-18 15:00

沖縄県は18日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を問う県民投票(24日投開票)について、17日までの3日間で有権者の約4.3%に当たる4万9366人が期日前投票を行ったと発表した。
期日前投票できる日数が違うため単純比較はできないが、昨年9月の知事選の冒頭3日間と比べると2.4倍の人数。一方、投開票1週間前の比較では半分程度となっている。
[時事通信社]

その他 特集記事