特集


北朝鮮で「会談失敗」広まる=制裁強化懸念する住民も―米系放送

2019-03-05 22:11

【ソウル時事】米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)韓国語版は4日、ベトナムの首都ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談に関し「失敗に終わった」と結論付ける情報が北朝鮮の一部地域の住民に急速に広まっていると報じた。
北朝鮮北西部・平安北道の消息筋はRFAに対し「新義州など(中国との)国境地域では会談が完全に失敗に終わったという話が急速に拡散している」と述べた。また「米国による経済制裁が今後さらに強化されることを懸念する住民が多い」と語ったという。
朝鮮中央通信など北朝鮮国営メディアは5日、金正恩朝鮮労働党委員長が「世界の強い関心と注目を集める中、2回目の朝米首脳会談とベトナム訪問を成功裏に終えて、帰国した」と報道。会談が合意に至らないまま終わったことには触れていない。
[時事通信社]

その他 特集記事