特集


高級ホテル6階分借り切り=正恩氏はスイートか―米朝首脳会談

2019-03-05 14:18

【ハノイ時事】第2回米朝首脳会談(2月27、28日)のためベトナムを訪問した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長らが首都ハノイの高級ホテルに滞在した時の状況の一端が5日、分かった。複数の関係者によると、2月26日に到着した北朝鮮代表団は高層の6階分を借り切り、ホテルの従業員を立ち入らせないようにして警護を固めていた。
ホテルはハノイ中心部、北朝鮮大使館にも近い。正恩氏は最上階22階のスイートルームで過ごしたとみられる。この部屋の宿泊料は1泊1200ドル(約13万4000円)を上回る。
一部の客が利用できる20階のラウンジは、調理室を備える。食事はホテル側に任せず、ここで代表団自ら準備したもようだ。正恩氏がホテルを出入りする際はエレベーターを止め、他の宿泊客もフロアの移動や外出ができない状態にしていた。
[時事通信社]

その他 特集記事