特集


米朝会談「成功」と報道=正恩氏が帰国―北朝鮮

2019-03-05 08:47

【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信によると、ベトナム訪問を終えた金正恩朝鮮労働党委員長を乗せた特別列車は5日午前3時(日本時間同)、平壌に帰着した。同通信は「(正恩氏が)世界の強い関心と注目を集める中、2回目の朝米首脳会談とベトナム訪問を成功裏に終え、帰って来た」と伝えた。
米朝首脳会談が合意に至らずに終わったことには触れず、対話継続の姿勢を示した形だ。
中国経由で帰国した正恩氏は北京に立ち寄らず、習近平国家主席との首脳会談も行われなかった。正恩氏は昨年6月の米朝首脳会談の直後に訪中しており、今回も、中国の全国人民代表大会(全人代)閉幕後に訪中し、習主席と米朝首脳会談後の対応を協議する可能性があるとみられている。
[時事通信社]

その他 特集記事