特集


アマゾン、全商品にポイント1%以上=「地位乱用」で議論も

2019-02-23 00:42

インターネット通販大手アマゾンジャパン(東京)は22日、同社の直販分と第三者の出品分のいずれにも購入額の1%以上のポイントを付与することを明らかにした。5月23日から実施する。ポイント還元の対象は従来、アマゾンの直販分を中心としていたが、全商品に拡大する。
利用者は1ポイントで1円分の買い物ができ、ポイントの原資は出品者が負担する。圧倒的に市場を占有している「プラットフォーマー」による第三者への「優越的地位の乱用」に当たらないか議論を呼びそうだ。
アマゾンには、自社で直接仕入れて販売する商品と、同社が出品場所を貸し出す「マーケットプレイス」と呼ばれるサイト内で第三者が売り出す商品がある。
第三者には中小企業も少なくない。ポイント付与によるコスト増を吸収できず、商品の値上げを強いられるケースも出てきそうだ。
アマゾンは「全ての出品者にとって、販売機会の拡大につながるものと考えている」(広報担当)と説明している。
[時事通信社]

その他 特集記事