特集


日韓外相、スイスで23日に会談=徴用工判決後初めて

2019-01-17 23:27

河野太郎外相は、韓国の康京和外相と23日にスイスで会談する方向で調整に入った。日本政府関係者が17日、明らかにした。日韓外相会談は、韓国最高裁が昨年10月、新日鉄住金に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を出した後、初めて。
河野氏は日韓請求権協定により、戦時中の請求権問題は既に解決済みとの立場を伝えるとともに、同協定に基づく協議に応じるよう迫るとみられ、康氏の出方が焦点となる。
両外相はスイス東部ダボスで22〜25日に開かれる世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に出席する予定。これに合わせ、2国間会談を開く方向で調整している。
[時事通信社]

その他 特集記事