特集


ノーベル賞「推薦」が波紋=安倍首相に批判、疑問の声―与野党

2019-02-18 18:01

トランプ米大統領が安倍晋三首相からノーベル平和賞に推薦されたと明かし、日本政界に波紋を広げている。首相が18日、事実関係を否定しなかったことから、野党側は推薦を認めたと受け止め、「国益を損ねた」(長妻昭立憲民主党代表代行)と批判。与党内でも疑問視する声が上がった。
首相は18日の衆院予算委員会で、野党議員から事実関係をただされ、「ノーベル委員会は推薦者と被推薦者を50年間は明らかにしない。コメントは差し控えたい」と説明。ただ、「事実ではないと言っているのではない」とも語り、歯切れの悪い答弁に終始した。
一方、トランプ氏については「北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けて果断に対応している。拉致問題の解決にも積極的に協力していただいている」と指摘。「リーダーシップを私は高く評価している」と強調した。
平和賞推薦はトランプ氏が15日の記者会見で自ら明らかにした。5ページの推薦状のコピーを首相から渡され、「日本を代表して謹んであなたを推薦する」と伝えられたエピソードを披露。これについて外務省幹部は「普通はばらさないのに…」と戸惑いを隠さない。
18日の予算委で、立憲会派の小川淳也氏は、中距離核戦力(INF)全廃条約破棄やイラン核合意離脱などトランプ氏の「実績」を列挙しながら、「どれ一つ取っても推薦はあり得ない。恥ずかしい」と批判。「ここまで対米追従しないと首相は務まらないのか」と収まらなかった。
与党内でも閣僚経験者の一人は「国際的にどう思われるか考えないのか。トランプ氏にいいように利用されている」と述べ、日本のイメージダウンにつながるとの懸念を示した。
[時事通信社]

その他 特集記事