特集


米大統領、5月26日来日で調整=国賓招待、新天皇と会見も

2019-02-18 11:50

日米両政府がトランプ米大統領の来日について5月26〜28日の日程を軸に調整していることが分かった。日本政府関係者が18日、明らかにした。政府は国賓として招待しており、皇太子さまが5月1日に新天皇に即位した後、初めて会見する外国首脳となる可能性がある。
安倍晋三首相はトランプ氏との会談で、北朝鮮の非核化や拉致問題、中国情勢などを協議し、日米同盟の強固さを確認する意向。国賓待遇なら皇居での宮中晩さん会も催される。
トランプ氏は今年6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議にも出席する予定。米大統領が短期間で2度来日するのは異例だ。トランプ氏の来日は2017年11月に続き2回目。
[時事通信社]

その他 特集記事