特集


地域協議会「根本見直し」=女児死亡受け臨時開催―野田市など

2019-02-07 19:06

千葉県野田市の小学4年栗原心愛さん(10)が自宅で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件を受け、同市は7日、関係機関と情報共有する「要保護児童対策地域協議会」を臨時で開催した。同席した今村繁副市長は、会議録がないなど問題点を指摘。「会議の在り方を根本的に見直さなければならない」と強調した。
臨時協議会は、事件の検証のため今村副市長が開催を指示し、市教育委員会や県柏児童相談所、県警野田署の職員が出席。冒頭の約1分間、心愛さんに黙とうをささげた。
[時事通信社]

その他 特集記事