特集


統計不正

安倍首相「亥年決戦の先頭に」=改憲実現へ意欲―自民党大会

2019-02-10 14:57

自民党は10日、第86回定期党大会を東京都内のホテルで開催した。安倍晋三首相(党総裁)は演説で、4月の統一地方選と夏の参院選が重なる12年に1度の「亥(い)年選挙」に向け、「厳しい戦いになるが、まなじりを決して戦い抜く先頭に立つ決意だ」と訴え、結束を呼び掛けた。憲法改正の実現にも改めて意欲を示した。
首相は、第1次政権時の2007年参院選で惨敗した経験を振り返り、「私の責任であり、片時たりとも忘れたことはない」と語った上で、今年の一連の選挙で必勝を期す方針を強調した。
改憲について、首相は「いよいよ立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときが来た」と表明。「憲法にしっかり自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とう」と力を込めた。
[時事通信社]

その他 特集記事