特集


森保監督「最善尽くしてくれた」=準優勝の日本代表帰国―アジア杯サッカー

2019-02-02 20:30

アラブ首長国連邦で行われたサッカーのアジア・カップで準優勝した日本代表が2日、帰国した。千葉県成田市内で取材に応じた森保監督は「優勝しかないというプレッシャーの中で、常に最善を尽くしてくれた」と選手をねぎらった。
日本は1日の決勝でカタールに1―3で敗れ、2大会ぶり5度目の優勝を逃した。森保監督は就任12試合目で初黒星を喫し、「私の監督力を含め、選手も個の力を上げていかなければならない」と課題を口にした。
[時事通信社]

その他 特集記事