特集


IWC脱退、米に通告=政府

2018-12-27 11:51

政府は26日付で、国際捕鯨委員会(IWC)の設置を定めた国際捕鯨取締条約から脱退することを、手続きを担う米国に通告した。2019年6月30日に脱退の効力が生じるため、同7月から商業捕鯨が再開される。
[時事通信社]

その他 特集記事