特集


大阪万博

大阪万博の負担金調整、新組織を検討=関西経済3団体

2018-11-28 16:37

2025年国際博覧会(万博)の大阪開催決定を受け、関西の経済3団体は28日、大阪市内で記者会見を開いた。誘致活動を先導してきた松本正義関西経済連合会会長は、企業からの寄付を「整理する組織が必要」と述べ、400億円超とされる民間負担を調整する組織を設置する方向で検討する考えを示した。
松本会長は負担金について「経団連とも話すが、関西でやる以上、関西財界はそれなりの責任を果たさなければいけない」と強調した。
[時事通信社]

その他 特集記事