特集


世耕経産相ら、パリで祝杯=各国関係者招き

2018-11-24 08:13

【パリ時事】2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった後、日本側の関係者は23日夜(日本時間24日早朝)、早速パリで各国の関係者らを集めたパーティーを開き、祝杯を挙げた。世耕弘成経済産業相は冒頭、英語であいさつし、「やったぜ」と喜びを爆発させた。
パーティーには他に松井一郎大阪府知事や榊原定征前経団連会長、博覧会国際事務局(BIE)の幹部らがそろって参加。各国の関係者からは口々に「おめでとう」「7年後に大阪に行くよ」「プレゼンは素晴らしかった」などと大阪陣営をねぎらう言葉が伝えられた。
[時事通信社]

その他 特集記事