特集


勝利にガッツポーズ=松井大阪知事「かつてない万博に」

2018-11-24 01:36

【パリ時事】博覧会国際事務局(BIE)の総会が開かれたパリの会場の一室では、松井一郎大阪府知事ら日本側関係者が投票結果を固唾をのんで見守った。決選投票で2025年万博の大阪開催が決まると、総立ちとなりガッツポーズをして喜び合った。
松井知事は「これから、かつてない万博をつくらないといけない。本当にこれからだ」と決意を語った。
一方、大阪市内のホテルには、国会議員や地元経済界関係者ら約300人と報道陣約100人が詰めかけた。参加した府職員は「2年間の苦労が報われた。やってきたことに間違いがなかった。ほっとした」と目頭を押さえながら語った。
[時事通信社]

その他 特集記事