特集


主要閣僚、合意案を支持=EU離脱で動揺の中―英政権

2018-11-16 23:06

【ロンドン時事】英国のフォックス国際貿易相は16日、異論が出ている欧州連合(EU)離脱交渉の合意案について「どんな合意も決裂よりましだ」と述べ、支持を明確にした。ゴーブ環境・食料・農村相もメイ首相に対する信任を表明。ラーブ前EU離脱担当相らの辞任で動揺しているメイ政権が平静を取り戻せるか、注目される。
合意案には英国が離脱後もEUに部分的に残留する選択肢が含まれ、与党・保守党の一部などが強く反発している。しかしフォックス氏は「われわれ(議員)は国益にかなうことを行うために選ばれた。企業は安定を求めている」と訴え、合意を実行することで来春の離脱を混乱なく成功させる重要性を強調した。
[時事通信社]

その他 特集記事