特集


NY円、114円台前半

2018-11-09 07:37

【ニューヨーク時事】8日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米中間選挙後のドル買いの流れが継続する中、1ドル=114円台前半に下落した。午後5時現在は114円01〜11銭と、前日同時刻比56銭の円安・ドル高。
米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場の予想通り政策金利の据え置きを決定。午後に公表された声明で、緩やかな利上げを継続する方針が示唆されたことも、ドル買いにつながったとみられる。
対ユーロは、1ユーロ=129円60〜70銭と11銭の円高・ユーロ安。
[時事通信社]

その他 特集記事