特集


故人が当選=10月に急死―米ネバダ州議選

2018-11-08 19:28

【ワシントンAFP時事】6日の米中間選挙で投票が行われた西部ネバダ州議会選で、選挙戦中の10月16日に死去した共和党候補が当選した。共和党は代理の候補を指名することになる見通し。
当選したのは72歳で死去したデニス・ホフ候補。合法的な売春宿の経営で成功した立志伝中の人物で知られ、テレビ番組にも出演していた。ポルノスターを集めた誕生日会を開催後、就寝中に死去したとみられている。
[時事通信社]

その他 特集記事