特集


新在留資格

入管法で修正協議要求へ=維新

2018-11-06 19:29

日本維新の会の馬場伸幸幹事長は6日の記者会見で、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法改正案に関し、与党に修正協議を求める方針を明らかにした。馬場氏は新たな在留資格「特定技能」の1号と2号の区別が曖昧だとの認識を示しつつ、「(政府の)制度設計に、いいかげんな部分がたくさんある」と指摘。協議入りに向け、党内で論点整理を進める考えを示した。
[時事通信社]

その他 特集記事