特集


免震改ざん

改ざんで通期純損益「未定」=損失膨らむ恐れ―川金HD

2018-11-09 20:20

川金ホールディングス(HD)は9日、2019年3月期の連結純損益予想を「未定」に見直した。従来14億円の黒字を見込んでいたが、地震から建築物を守る免震・制振装置(オイルダンパー)で発覚した子会社の検査データ改ざん問題への対応を急ぐ中、問題のあったダンパーの交換など対策費用が今後、膨らむ恐れがある。
川金HDと同様に免震不正が判明したKYBは、通期純損益予想を23億円の赤字(従来160億円の黒字)へ大幅に下方修正しており、他の大手メーカーの川金HDでも損失計上が避けられない見通し。
[時事通信社]

その他 特集記事