特集


KYBの免震装置不正「極めて遺憾」=石井国交相

2018-10-19 12:03

KYBや同社子会社が、地震などによる建物の揺れを抑える免震・制振装置の検査データを改ざんしていた問題で、石井啓一国土交通相は19日の閣議後の記者会見で、「所有者、使用者らに不安を与え、建築物への国民の信頼を揺るがす行為で、極めて遺憾」と述べた。
石井国交相は、2015年に東洋ゴム工業による免震ゴムの性能データ改ざんが発覚したことを受け、同省で市場に出回る免震装置をサンプル調査していたと説明。ただ、今回のKYB子会社の免震装置については今後の調査対象として、これまで実施していなかったという。
国交相は「事前に把握できなかったことは残念」と話し、同省として再発防止の徹底を図ると強調した。
[時事通信社]

その他 特集記事