特集


サウジ疑惑

「皇太子は100%潔白」=昨年拘束の富豪王子―サウジ

2018-11-05 22:01

【カイロ時事】サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件で、サウジの著名投資家アルワリード王子は4日、米FOXテレビのインタビューで、事件への関与が取り沙汰されるムハンマド皇太子について「100%潔白で、無実が証明されると信じている」と語った。
ムハンマド皇太子は昨年11月、汚職関与を理由に王族メンバーや閣僚経験者、実業家らを多数拘束。アルワリード王子もその一環で首都リヤドの高級ホテルで拘束され、今年1月に釈放された。王子は皇太子について「彼は本物だ。サウジを変革している」と称賛。記者殺害事件に関しては「捜査結果をできるだけ早く公表してほしい」と訴えた。
王子はまた、拘束中の拷問や多額の資産没収を指摘する報道について「すべてうそだ」と否定した。
[時事通信社]

その他 特集記事