特集


候補地は3、4カ所=2回目の米朝首脳会談―トランプ氏

2018-10-10 00:02

【ワシントン時事】トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスで記者団に、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2回目となる会談の開催地について、3、4カ所を検討していることを明らかにした。6月に初の首脳会談を行ったシンガポール以外になる可能性が高いとの見通しを示した。
トランプ氏は、開催時期については、「遠くない将来」と述べるにとどめた。また、7日に訪朝したポンペオ国務長官と正恩氏の会談は「非常に素晴らしかった」と指摘。米朝間ではこれまでに「信じられないほどの進展があった」と評価した。
米国のビーガン北朝鮮担当特別代表と北朝鮮の崔善姫外務次官が今後、開催地や時期などの調整を行うとみられる。
[時事通信社]

その他 特集記事