特集


中国外相、米長官に直接批判=習氏会わず、貿易・台湾で対立鮮明

2018-10-08 21:23

【北京時事】ポンペオ米国務長官は8日、北京を訪れ、中国の王毅国務委員兼外相と会談した。中国外務省によると、王氏は「米国は対中貿易摩擦をエスカレートさせ、台湾などの問題でも中国の権益を損なう行動を取り、中国の内外政策を根拠なく非難している」と対米批判を展開。「誤った言動を直ちにやめるよう求める」と強い調子で迫った。中国側は習近平国家主席との会談も設定せず、ポンペオ氏を冷遇。米中間で激化している対立が鮮明となった。
王氏はポンペオ氏に対し、「あなたが朝鮮半島などの地域問題について中国と意見交換したいことは分かっている」と指摘。「この種の協力には、支えとなる健全で安定的な両国関係が必要だ」と述べ、米国の今後の対中姿勢によっては北朝鮮問題で協力しない可能性さえ示唆した。
一方で王氏は「協力が双方の唯一の正しい選択だ」とも訴え、全面対決は望まない考えを強調。貿易摩擦に関し「中国は米国と協議を通じて問題解決したいと今なお望んでいる」と述べた。
ポンペオ氏は「米中には多くの問題で明らかな不一致があるが、米国は中国の発展に反対せず、中国を囲い込む気はない」と説明。米国は中国大陸と台湾を不可分とする「一つの中国」政策を堅持し、「重要な国際・地域問題で意思疎通と協力を強化したい」と呼び掛けた。
[時事通信社]

その他 特集記事